♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪クリスマスの思い出 ♪
「クリスマスツリー」といえば、日本ではイミテーションの木を使っているものがほとんどですが、アメリカでは”生木”が主流です。

12月に入ると、郊外の至る所で何十本という「クリスマス用の木」が、ところ狭しと売られています。

木の高さも様々ですが、木の種類も何種類かあるようです。

値段もとてもお手ごろです。
20ドル〜80ドルくらいだったと思います。(高いのもあったかもしれないけれど、眼中になかった・・・(汗)

大きい木を買い求める人は、トラックに乗ってやってきます。
クリスマスシーズンだけでなく、トラックは家庭で重宝しているようで、結構皆さん持っておられます。

その生木、どうするかというと・・・

デコレーションした生木の葉っぱの下に、クリスマス当日、みんなのクリスマスプレゼントを並べるのです。
・・・・・これはどこでも同じですね。




24日の晩、子どもたちが寝静まってから、おもむろに、あらかじめ希望を聞いて買っていたプレゼントを、さもサンタさんからのプレゼントだと思わせるよう演出をするのに苦労しました。(これも、どこの親も同じですね)

ある時「サンタさんって、本当にいるん?」と、懐疑的質問が!!

ついに疑う時期が来たか・・・と思ったのですが、もう一頑張り?しようと思って

「いるよ。何なら、サンタさんが来てくれたら、サインを証拠に残してもらう?」



・・・・はい、”Santa”というサインを”確かに”残しました。
もちろん、こちらの「手書き」です。。。(汗)

子どもは一瞬「え?」という顔をしましたが、「本当に来てくれたんだ!」と喜んでくれました。

・・・・・子どもなりに、親に気を遣ってくれたのでしょうか?
真実は”夢”の中です。。。



サンタさんは、大人になっても”夢”を運んでくれますね。
サンタさんは、誰のところにも平等に来てくれると思います。


”夢”がある限り、大人になってもきっと。。。











アメリカ生活あれこれ
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://angelsheep.jugem.jp/trackback/189
♪Trackbacks♪