♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪あれから10年♪
1997年8月に、アメリカは南カルフォルニアに渡米してから、気がつけば丸十年。

十年一昔と言うけれど、初めてアメリカの地を踏んだ日のことは遠い記憶になりつつあります。



それまで、外国らしい外国には行ったことがなく、私の生涯の友(?)となった羊に出会ったニュージーランドへ一度行ったくらい。



アメリカから帰国して5年半・・・

無我夢中?いえ、寧ろ逆かもしれまん。
「我(自分)」との葛藤の日々だったから。
「我」が無くなることはなく、いつも”自分”の存在を突きつけられる出来事が起こっていたから。

ただ、「我」(自分)は常に感じていたけれど、「我」という”エゴ”は少なくなってきたかもしれません。

帰国した当初が”嵐”だとすると、今は”凪”の日も多くなりました。
波という”流れ”に乗って、周りの風景を楽しむことも、ごく日常の中でできるようになりました。



人生のターニングポイントは、思いがけずやってくるものです。



人生半ばというには、まだまだ!(ここがポイント♪)時間があるけれど(←人生を何年と考えるかで変わってきますね。ひつじの実年齢を知っている皆さま、そこで突っ込みを入れないようにお願いします(笑)あ、ちなみに、私の友人で、人生120年と考えている人がいます^^;)いずれにしても、残りの人生の航海を楽しみたいものです^^



・・・相変わらずの「一人ぼけの一人突っ込み」でした<(_ _)>
アメリカ生活あれこれ
Comments#2 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
あれから15年一寸。
私の激動もそのくらい。
海が出来るほど泣いた頃。

我当然ですね、それを持って放さない我執は、いりませんね。
我を認め、自分を見つめ、一つ一つ本当の自分に出会う旅をしてきたように思います。
その旅も、近年怒涛のごとく駆け足でいろんなことが起こり、嵐の中をどう進んでいくのか、大丈夫、と言い聞かせ、諦めないで何とかなるからと自分を信じるという具合。

今日も、「大丈夫、いい日になるよ」と気を入れて、出発。

でもね、なんだか力が出なくて、オサボリしてます。(⌒o⌒)
♪ 聡子 ♪
♪ 2007/09/10 10:53 AM ♪
聡子さん、人生航路ではないけれど、ほんと、嵐の日もあれば風の強い日もあって・・・波に流されないよう必死で踏ん張る時もあれば、ぼーと流される時もあったり・・・

大事なことは「自分で舵を取る」ということ。
それすらもできなかった日々があるから今、こうして少しずつでも舵を取りながら進んでいけるのだと思います。

でも、本当にしんどい時は風に任せて手を休めることも必要ですね(*^_^*)
♪ ひつじ ♪
♪ 2007/09/10 7:27 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://angelsheep.jugem.jp/trackback/459
♪Trackbacks♪