♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪相手と向き合う♪
毎度の?電車の中の風景です<(_ _)>


今日は、本当に久しぶりに、ほわっとした笑顔いっぱいの風景に出会いました。

用事で京都を午前中に往復したのですが、その帰りのこと。

京都から一緒に乗った、幼稚園児くらいの男の子とそのおじいちゃんらしき二人。

四人掛けの座席に座り、その男性は男の子に一生懸命ずっと話しかけています。
「あれは貨物電車。踏切があるねぇ〜。あ、もうすぐ駅に着くよ云々・・・」

その度に、男の子は「あれは?」とか「早いね〜」など、嬉しそうに答えています。


しばらくして、ある駅から少し年配の女性がその二人の前に座りました。

少ししてからその女性は、カバンからおやつを出して男の子にあげてました。

とっても嬉しそうに食べる男の子!(私の座っている所からは、斜め前で見えていました)


と、しばらくしてから、三人での楽しい話声と笑い声が聞こえてきました。

男の子の発する言葉をしっかり受け止め、正面から真剣に向き合う年配のお二人。

会話は途切れることなく続き、そして電車はあっと言う間に神戸へ・・・


その間、一時間くらいなのですが、男の子は全く退屈するでもぐずるでもなく、電車に乗ることを楽しんでいました。



私は、その年配のお二人に、子どもに限らず、人への接し方の一端を学ばせていただいたようで、逆に身が引き締まる思いでした。

「目の前に居る人に ただ 一生懸命接する」

それは、相手が子どもであろうと誰であろうと関係ないのだと思います。

どれだけ誠実に相手と向き合えるか、だけなのだと思います。



それは 例え「沈黙」の世界であっても同じ・・・

相手と一緒にいる、ということを”自分が”どれだけ認識しているか。


・・・沈黙さえも、会話になるということを知る瞬間のような気がします。
(残念ながら?私は一人で電車に乗ることが多いです^^;)




こども
Comments#2 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
何気ない風景に意味をみつけているひつじさんがステキ。
♪ おかん ♪
♪ 2008/07/16 7:23 AM ♪
おかんさん☆
ありがとうございます。
日常の風景や袖振り合ったご縁の中にこそ、学びやメッセージがあるのだと思います。
「生きる」とは、日々の「気づき」なのですね^^

・・・今朝飲んだコーヒーも美味しかった♪
(これで誰かに入れてもらったら・・・もうそれだけでブルーマウンテン!(笑)
♪ ひつじ ♪
♪ 2008/07/16 9:00 AM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://angelsheep.jugem.jp/trackback/779
♪Trackbacks♪